美女攻略

みんな知らない「美女と付き合う方法」

モテない君

たまたまアプリで美女と会えたけど,緊張して何も話せなかった

じろう
恋愛中級者

美女とたくさん会って,慣れないと相手にもされないよ

一度きりの人生なんだから,美女と付き合ってみたいと思いませんか?

でも,美女を目の前にすると,緊張して頭が真っ白になりますよね。

本記事では,「美女と付き合う方法」を説明します。

結論

美女と付き合う方法ためには,以下のことを自覚することが大切です。

  • お金を稼ぐ
  • 内面も褒める
  • 悩みを理解・共感する
  • 対等な目線

また,美女と付き合うメリットとデメリットも説明します。

美女と付き合うとは,どういうことなのかを理解できます。

記事の信頼性について

審査制マッチングアプリ「東カレデート」にて,100人以上の美女とデートしてきました。

デート経験によって美女の生態や口説き方を熟知しました。

美女と付き合うメリット

自分に自信がつく

美女と付き合えると自己肯定感が爆上がりします。

アピールしてくる男性がたくさんいるので,その中から選んでもらえたことに喜びを感じます。

「美女と付き合う」という夢見ているけど達成が難しいことを実現したことで,女性に対して自信がつきます。

周りに自慢できる

彼女の写真を見せて,「めっちゃ可愛い」と言われて,優越感に浸ります。

高級車で運転して見せびらかしているような,周りの人への優越感に浸れます。

彼女と一緒に歩くだけで,男の価値を誇ることができます。

モテない君

美女が彼女の友達をついつい羨ましい目で見ちゃうよ

彼女のために頑張れる

彼女のために,もっとカッコ良くなろうと男磨きのモチベーションの向上になります。

また,もっとお金を稼ぎたいとビジネスへのモチベーションの向上にもなります。

彼女の隣に相応しい男で居続けるために頑張ります。

美女と付き合うデメリット

お金がかかる

「愛はお金ではない」とも言いますが,美女と付き合うとお金がかかります

高級レストラン,旅行,プレゼントなどに対して高いレベルが求められます。

美貌を武器にチヤホヤされてきたので,”普通”のレベルが上がっています。

ワガママで振り回す人が多い

美女は常にチヤホヤされてきたので,ワガママな人が多いです。

自分に好意があるとわかった男性をワガママで振り回します。

むしろ,ワガママを可愛いと思って許してくれる男性を彼氏に選んでいる美女がいます。

ポイ捨てされるリスクが高い

付き合っていてもアピールしていくる男性が多いので,他の男性に乗り換えられる可能性が高いです。

また,アピールしてくる男性の合うスペックも高いです。

浮気されるかもという不安が消えません。

美女と付き合う方法

お金を稼ぐ

社会人になると,”お金を持っている男性”や”稼ぐ能力が高い男性”ではないと,美女に相手にされません。

そもそも,美女はお金を稼いだり,援助してもらっているので,自分より収入の低い男性を恋愛対象として見てません。

出会いのステージに行くためには,少なくとも平均年収以上は稼ぐようになりましょう。

内面も褒める

「可愛い」や「綺麗」などの外見への褒め言葉は聞き飽きてます。

外見を褒められも,見た目で判断する男の1人になるだけです。

内面に魅力を感じている”というアピールが効果的です。

他の男とは違うと美女に感じさせなければいけません。

悩みを理解・共感する

美女は恵まれているだけでなく,美女特有の苦労や悩みがあります。

苦労や悩みを引き出して,理解共感することが大切です。

美女特有の苦労や悩み

  • 同性から嫉妬される
  • 街を歩くだけで声をかけられる
  • どんなに頑張っても内面を評価されにくい
  • スッピンやだらしない姿を見せられない
  • 美貌には賞味期限がある
モテモテ子

女性からの嫉妬はホントにめんどくさい

対等な目線

普通の容姿の女性と接する時と同じように接して下さい。

大半の男性は,美人に対して,緊張したり卑下してしまいます。

当たり前ですが,緊張してしまうような格下男性を恋人候補として見ません。

”オレは美人と思っていません”ぐらいの気持ちで,堂々とした態度でいましょう。

モテない君

綺麗な女性と話すのは,とても緊張するよ

まとめ

また,美女と付き合うメリットとデメリットも説明します。

美女と付き合うとは,どういうことなのかを理解できます。

美女と付き合う方法ためには,以下のことを自覚することが大切です。

  • お金を稼ぐ
  • 内面も褒める
  • 悩みを理解・共感する
  • 対等な目線
じろう
恋愛中級者

美女と付き合うことに挑戦してみて,美女攻略したいか考えよう